保険会社から賠償額を提示された方へ

加害者側の保険会社から提示される損害賠償額は低い金額に設定されていることが通常です。格落ち(評価損)なども保険会社の方ではなかなか認めようとはしないでしょう。
しかも、慰謝料や逸失利益などは裁判基準と大きな金額の差が生じており、差額が百万円単位になることも珍しくありません。

裁判基準を根拠にご自身で保険会社と交渉しようとしても、保険会社は相手をしてくれないと思います。法律の専門家である弁護士が窓口になることで、交渉を有利に進めることが可能になります。まずは弊事務所までお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ・無料法律相談のご予約
Copyright(c) 2015 小野貴朗総合法律事務所 All Rights Reserved.