慰謝料相場と慰謝料の3つの基準について

交通事故において慰謝料は損害賠償額が大きくなる項目であり、被害者にとってどの程度慰謝料を請求できるかは大きな関心事であるといえます。
交通事故の損害賠償の分野では、裁判基準、任意保険基準、自賠責基準と3種類の損害賠償基準が存在し、このことが被害者にとって損害賠償請求額の計算を分かりにくくしています。

裁判基準(いわゆる「赤い本」の基準)では、入通院慰謝料は原則として入通院期間を基礎として計算されます。赤い本には一覧表の形式で入通院慰謝料の計算式が掲載されています。

任意保険基準では、保険会社の基準に基づき計算されます。自賠責基準では1日につき4,200円とされており、慰謝料の対象となる日数は、被害者の傷害の態様、実治療日数その他を勘案して治療期間の範囲内とされています。

この3種類の損害賠償基準では裁判基準が最も被害者寄りの基準となっており、被害者としては裁判基準を根拠に損害賠償請求をしていくことになります。

まずは弊事務所までお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ・無料法律相談のご予約
Copyright(c) 2015 小野貴朗総合法律事務所 All Rights Reserved.