よくある質問と回答

  1. 法律相談料はいくらですか。
  2. 平日の日中は仕事が休めないので、夕方か土日にしか相談に行けないのですが。
  3. 事前予約せずに直接事務所に行って相談を受けることはできますか。
  4. 電話やメールで法律相談はできますか。
  5. 相談に行く際に準備することはありますか。
  6. 弁護士費用の見積を出していただけますか。

 

◇ご相談内容が弁護士の利益相反に関わる場合(既に事件の依頼を受けている依頼者を相手方とする法律相談など)は、大変申し訳ございませんが法律相談を承ることができません。利益相反の確認のため、予め相手方の氏名等を確認させていただいております。また、法律相談時に利益相反の関係が判明した場合にはその時点で法律相談は中止となりますので、ご了承ください。

◇事件を受任する際に本人特定事項を確認させていただくことがございます。その場合、次のような書類をご提示いただきコピーを取らせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

・個人の場合・・・氏名、住所、生年月日を次の書類で確認します。
 運転免許証、パスポート、国民健康保険等の被保険者証、国民年金手帳、印鑑登録証明書など

・法人の場合・・・依頼者の名称、本店又は主たる事務所の所在地を登記事項証明書等で確認します。

お問い合わせ・無料法律相談のご予約
Copyright(c) 2015 小野貴朗総合法律事務所 All Rights Reserved.